ヒロアカ轟焦凍かっこいい名言&かわいい天然エピソード!個性と暗い過去?

ヒロアカ(僕のヒーローアカデミア)のメインキャラクターの一人である、轟焦凍(とどろきしょうと)。

抜群の戦うセンスと個性を持ち、成績は上位。甘いルックスと垣間見える影に対して、どこかズレた感覚がかわいくて人気なキャラクターです!!

そんな魅力的な轟焦凍のかっこいいシーンや、セリフ、私生活、過去を掘り下げて紹介します!!

誕生日・個性・必殺技・身長は?プロフィールまとめ!

轟焦凍(とどろき しょうと)

雄英高校1年A組15番(ヒーロー科)推薦入学
個性 半冷半燃
誕生日 1月11日
身長 176cm
血液型 O型
出身地 静岡

出身校 凝山(こるさん)中学校
好きなもの ざる蕎麦

家族構成 父:轟 炎司(エンデヴァー)、母:冷、

姉:冬美(ふゆみ)、長兄:燈矢(とうや)、次男:夏雄(なつお)

ヒーローネーム ショート

声優 梶裕貴、真堂圭(幼少期)

出典:集英社「僕のヒーローアカデミア」

雄英高校に入学した、知力・体力共にトップクラスの実力者。NO.2プロヒーローエンデヴァーを父親に持つが、己の野望の為に母を傷つけた父に反目している。個性は、右から氷結、左から炎熱を繰り出す「半冷半燃」。

出典:アニメ「僕のヒーローアカデミア」公式サイトより

プロヒーローNO.2【エンデヴァー】の息子。

個性の半冷半燃とは右半身で凍らせる(氷)能力と左半身で燃やす(炎)を自在に操る。入学当時は、氷のみしか使用しなかったのは轟の生い立ちである過去が関係している。→記事後半にて紹介。

必殺技

  • 穿天氷壁(がてんひょうへき)…これまでの「大氷壁」といわれていた技に名前が付いた。
  • 光焔万丈(こうえんばんじょう)…雄英高校と並ぶ名門士傑高校の夜嵐イナサと轟が、仮免許取得試験二次試験の救助演習で見せたコラボ技。轟の炎とイナサの風が融合してできた技。

ちなみに光焔万丈という四字熟語がある。議論や詩文などの勢いが激しく、素晴らしいことのたとえで、「光焔」燃え上がり輝く炎。 「万丈」この上なく長いこと。炎が勢いよくどこまでも燃え上がるという意味からとられている。

ヒロアカ轟焦凍役は人気声優・梶裕貴!

今やテレビにもたくさん出演されている大人気声優・梶裕貴さん。主役を演じた大人気アニメ「進撃の巨人」のエレン・イェーガー役で有名ですね!

他にも「マギ」アリババ・サルージャ役、「七つの大罪」メリオダス役、「MIX」「オタクに恋は難しい」「あひるの空」や映画「二ノ国」などあげきれません!

轟やエレンのようにカッコ良くなったり、黒執事のフィニアンやディアバラ(DIABOLIK LOVERS)の坂巻カナトのような可愛い役まで幅広い演技も梶くんの魅力ですね!

かっこいい名言やエピソード☆

ヒロアカで外せないのは感動のシーン、名場面ですよね!そんなシーンから轟の名言をエピソードストーリーと併せてまとめます!

悪かったな。レベルが違いすぎた

出典:集英社「僕のヒーローアカデミア」

屋内対人戦闘訓練の授業にて障子目蔵と組んで、葉隠透&尾白猿夫と戦うが圧勝。この時期ならではの轟の一言がクール!


使わず“一番になる”ことで  奴を完全否定する

出典:集英社「僕のヒーローアカデミア」

体育祭の個人バトル【轟 VS 緑谷出久】をひかえ発言した言葉。

実の父親であるエンデヴァーを憎み続けて生きてきた轟は、自分の半分ずつが両親の能力で出来ている。母親の氷と父親の炎、この炎を使わずに戦いプロヒーローとして父親を超えることが轟にとって最も父親への復讐・父親の血を否定することになると考えていた。


俺だって ヒーローに…!!!

出典:集英社「僕のヒーローアカデミア」

上記のバトルを氷で戦い続ける轟。それには欠点があることを見抜き、緑谷も自分をボロボロにしながら戦った。炎を使えば勝てるのに使わない轟に対して緑谷は煽る言葉を放つ。

父親への憎しみ、プライド…全てを差し引いてシンプルな轟の想いは昔憧れた『ヒーローになりたい!』という気持ちだった。

デクVS轟 戦 は記事後半でも詳細を紹介しています!!


やめてほしけりゃ立て!!!

なりてえもんちゃんと見ろ!!

出典:集英社「僕のヒーローアカデミア」

”ヒーロー殺し”のヴィラン『ステイン』によって、命はつないだもののヒーロー生命を絶たれた兄へ復習する為接触した飯田天哉(いいだてんや)。

ボロボロになった飯田を助けに来た緑谷出久(みどりやいずく)と轟は、勝ち目はない状態でステインの攻撃に耐えながら飯田を庇う。

そんな2人に耐えれなくなった飯田は、「もうやめてくれ…!」と懇願。それに対して、言い放った轟の言葉が飯田を奮い立たせる!友情の感動シーン!


一票は俺が入れた

そういう事に長けた奴だと思ったからだ

出典:集英社「僕のヒーローアカデミア」

クラスメイトの八百万 百(やおよろず もも)に対して言ったセリフ。

周りのクラスメイトが次々成長していくなか、自分が取り残されている様に感じ、自身が無くなっていた八百万。期末試験の戦闘テストで轟は八百万と組んでヴァイラン役のイレイザーヘッドと戦うのだが、頭脳戦が必須となる。

勝ち目がない状態で追い込まれた轟は、自身の考えを言いあぐねていた八百万から作戦を聞き出し無事テストを終える。

その際に、学級委員を決めるとき八百万に二票入っていた内の一票が自分だと伝えた事で八百万は自信を取り戻したのであった!

もともと、このようなことを口にするタイプでは無かった轟はイレイザーヘッドの事前のアドバイス「話し合いが必要」という言葉を尊重しました。このころは轟も入学当初から変化していたので、やさしい言葉をかけてあげることが出来たと思います!


大事なのは、何をした・何をしている人間にいわれるか、だ

言葉単体だけで動くようなら、それだけの重さだったってだけで

言葉には常に行動が伴う。…と思う。

林間合宿で出会った少年・洸汰(こうた)に対して上手く言葉をかけてあげられなかったデク。ヒーロー社会そのものを否定する彼に、何を言えば良かったのかと胸の内を轟に明かす。

轟君ならどう返す?と聞かれて『場合による』と返答。それにつけ加えるように言ったセリフ。デクはふと自分を振り返って、納得する。

ギャップ萌え!天然でズレてる所がかわいい!

クールで強くてかっこいいイメージとは変わって、どこか人とズレた感覚の持ち主で、天然としか言いようのないギャップも轟君の魅力です!!

ステインとの対決から病院にいる緑谷、飯田、轟は皆けがをしており、緑谷も飯田も腕に包帯を巻いています。

悪ぃ…。俺が関わると手がダメになるみてぇな感じになってる…

……………呪いか?

出典:集英社「僕のヒーローアカデミア」

「轟君も冗談言うんだねw」というデクの返しに、

冗談じゃねえ、ハンドクラッシャー的存在に…

出典:集英社「僕のヒーローアカデミア」

と一人思い悩んでいる轟君です。本気で言っているあたりズレまくり!


お前オールマイトに目かけられてるよな…

オールマイトの隠し子かなんかか?

出典:集英社「僕のヒーローアカデミア」

体育祭の緑谷とのバトル前、デクを呼び出した轟はこれから戦う相手に勝利宣言をしていたシリアスな雰囲気のなか、急にズレた質問をします。

確かにデクとオールマイトの能力が類似してたらその発想もおかしくないんですがw


ヴィラン役のイレイザーヘッドに八百万と協力して戦った演習。八百万の作戦でいい所まで行ったがやはり負けてしまう。時間があればお前らの勝ちだ。というイレイザーヘッド。轟は八百万に声をかける。

 ありがとな。

出典:集英社「僕のヒーローアカデミア」

自信を無くしかけていた八百万はこの実習で轟の言葉に自信を取り戻した為、感極まって泣いてしまう。けど鈍感な轟は、

……どうした?気持ち悪いか?

吐き気には足の甲にあるツボが…

出典:集英社「僕のヒーローアカデミア」

無自覚天然ですがほっこりするシーンですね!

会話のなかでたまに出てくる天然さが大人気!かわいい一面にギャップ萌え間違いなし!!

轟くんの寮部屋は純和室?!

雄英学園がヴィランに襲撃され、生徒たちは寮生活になった際、皆で各自の部屋を見に行こう!となって、それぞれ思い思いの部屋をみて楽しいんでいました。轟の部屋はどんなふうだろう?と考えていたクラスメイトの予想を大きく超えた部屋でした!

【純和風】な部屋はまだしも、壁の”ハリ”やなぜか”ふすま”があって「造りが違う!」という反応!

「和室じゃないと落ち着かない」という轟家は立派な日本造りの家なので納得です。ただ相当、改装費用かかってますよねw坊ちゃんだからいいのかな?

辛い過去を乗り越え前進したのはデクのおかげ?!

上記の名言シーンでも少し触れたのですが、体育祭の緑谷との闘いが轟にとって大きなターニングポイントになります!

暗い過去

個性婚という、いわゆる優勢遺伝子を掛け合わせて更に優れた子を生み出そうとし、生まれたのが轟焦凍。エンデヴァーは自分の上位互換を生み出し最強のヒーローにすることを考え結婚します。

轟は個性婚について「倫理観の欠落した前時代的発想」と嫌悪します。

エンデヴァーの子供は焦凍のほかに、3人いますが焦凍が最高傑作と言われており子供の中でも色濃く両親の能力を受け継ぎました。その為エンデヴァーは焦凍に英才教育と言う名のスパルタ教育を幼い頃から行ってきました。

幼い焦凍に対する暴力をやめるよう抗議する母親はエンデヴァーには聞いてもらえず泣かされています。エンデヴァーに暴力を振るわれるうちに母親は精神的におかしくなっていき、「焦凍の左側の顔があの人に見えてくる」「私・・・もう育てられない。育てちゃダメ」と電話で話しているところを幼い焦凍は聞いてしまいます。

それに気づいた母親は焦凍の左顔にお湯を浴びせてしまい、のちに病院送りにされます。

そのため轟の顔には現在の大きな火傷が残っています。

●漫画→4巻&5巻の31話~40話にて記載

デクVS轟

体育祭の個人バトル【轟 VS 緑谷出久】の直前。デクに自分の過去を話したうえで、≪左の氷だけで勝つ≫と宣言した轟。会場にはエンデヴァーも見に来ている為よりいっそう決意をあらわにします。

対戦が始まると、宣言通り左の氷結のみ使い続ける轟の弱点ともなる、【長時間断続的に使い続けると凍傷になる】こと【左のみ使用するスタイルによって弱くなる右の死角】を仮説して戦う緑谷も指をダメにしながらも戦った。

全力でかかってこい!!!

出典:集英社「僕のヒーローアカデミア」

この弱点は右半身の炎熱を使えば楽に解決するのに断固として使わない轟。

君の…”力”じゃないか…!!!

出典:集英社「僕のヒーローアカデミア」

そうデクが心から叫ぶことで轟の中の凍っていた心が動きます。

「なりたい自分に、なっていいんだよ」

出典:集英社「僕のヒーローアカデミア」

幼い頃母に言われた言葉を思い出し、自分がオールマイトに憧れて純粋にヒーローになりたい気持ちを思い出します。

このデクの一言で轟の炎熱が解放されます。「おれだってヒーローに…」

全力で戦い、友達を助けようとするまっすぐなデクの姿勢、言葉に目覚めさせられた轟は、全力でデクと戦います。

彼に感謝した轟はこの戦いが、のちに自分や家族と向き合う大きなきっかけとなりました。ファンにとっても心に残る名シーンとなった回です!ぜひ見て頂きたい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です